seize our days
中央大学少林寺拳法部の部員の日記です。その日あったことを部員が入れ替わり書いていきます。ぜひ読んでいって下さい。コメントも気軽にしてみてください☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミ○キーマウス「ハハッ!今日も一人ぼっちだよ!」
こんにちは。久々の3363でございます。
多摩の方でも先週木曜日から授業が始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか。


私3363はといえば、初回の授業くらい出なくてもいいや+座る席無いや(いつも大幅に遅れて入室する為)という理由で、語学以外はまだほとんど出席しておりません。

今日も定期券と教科書を購入しながらの寄り道登校です。


さて、私は登校する時スマートフォンでラジオを聴いているのですが、毎日聴いているラジオ番組のテーマが、
「東京ディズニーリゾート30周年」というものでした。
どうやら1983年4月15日に夢の国がオープンしたらしいです。


自分自身男であり、弟一人という野郎まみれの環境ですが、ディズニーランドとは全く無縁、というわけでもありません。
高校時代には、朝早く起きて開園まで待って閉園の花火も見届けて、なんていうキャッキャウフフなこともあった気がしますが、今となっては儚く甘酸っぱい思い出となってしまいました。


私は記憶にある限りではその時以外に小学1年生の時に行った記憶があります。




祖父と祖母、それから両親に連れられ、まだ背が足りなくて絶叫マシンに乗れなかったあの時…


シンデレラ城ですら怖くて、泣きながら父親にしがみついていたんだっけ…


お土産にバケツサイズの容器いっぱいに入ったポップコーンを買ってもらって、学校から帰ったらすぐ大事に大事に食べてたんだんだよね…


そのポップコーンは押入れの中に保存していたのですが…(汚ね!)

というたった二回のディズニーランドの思い出でした。



皆様のネズミーランドの思い出といえばどのようなものがございますか?
この記事を読んであの頃に戻りたくなった皆様、私と共に現実逃避をしに参りましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
スプラッシュは最後の急降下よりも、途中の暗闇でのちょい落ちのほうが怖いと思う。

あーディズニー行きたくなってきた!
2013/04/15(月) 23:24:46 | URL | 先輩A #-[ 編集]
まだ自分が毛玉のように小さかった頃。

ビックサンダーマウンテンのあまりの恐ろしさに、足があるはずの場所に隠れぶるぶる震えていた。

おかげで、写真に写ってなくて悲しい気持ちになったようなならなかったような。
2013/04/15(月) 11:36:45 | URL | 焼きカナブン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chuoshorinjiblog.blog28.fc2.com/tb.php/950-7546c0c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。